プロぺシアを飲み忘れた!順調に生えていたけど、効き目への影響は!?


fin17

プロペシアはAGAにとても効果が高い飲み薬のため、
飲み始めてからAGAの進行が止まり抜け毛が減ったと言う人も多いのではないでしょうか。

プロペシアを服用する際に最も重要になってくるのが、
毎日継続して服用を続けることということです。

AGAの原因は5αリダクターゼとテストステロンと呼ばれる
男性ホルモンの結びつきによるもので、
その結びつきを阻害できるのがプロペシアです。

プロペシアを継続して飲み続けていないと
5αリダクターゼはまたテストステロンとの結びつきを強化していくことになります。

忙しくてプロペシアを飲み忘れたということもあるとは思いますが、
果たしてどれくらいの期間であれば飲み忘れても大丈夫なのでしょうか。

プロペシアの効果の持続時間はおよそ24時間と言われており、
1回飲んで効果が出るのはほんの1日足らずだと言うことになります。

要するに1日1回はプロペシアを服用しないと
その効果を持続させることが出来ないと言うわけです。

しかし1日~2日程度飲み忘れたからといって
急激に抜け毛が増えると言う心配はありませんから、
数日程度の飲み忘れであればそんなに問題になることは無いと言えます。

よく飲み忘れたから一度に数日分一気に服用をしようとする人がいますが、
これは体への負担も大きいですし何より
決められた量以上の服用となるので非常に危険だと言えます。

プロペシア自体とても強い薬ですから、
1日に服用できる数量は厳しく決められています

ですから数日服用していなかったからと言って
一度に何錠も服用するのは避けたほうが良いでしょう。

数日程度なら影響はほとんどないと言ってもよいですが、
プロペシアを1ヶ月以上服用しないとか、抜け毛が止まったから服用を止めたということは、
AGAの活動を再開させてしまうため非常に問題があると言えます。

抜け毛が減ったり止まったりしているのは、
プロペシアを服用することによる5αリダクターゼ抑制効果で
抜け毛が止まっているだけです。

抑制できなくなった場合にはまた昔の状態に逆戻りになってしまいます。

一度プロペシアを飲み始めたら、大げさに言えば
一生飲み続けなければ抜け毛を食い止めることは出来ないと言うことです。

5αリダクターゼは生きている限り生成され続けますから、
AGAを食い止めたければ面倒でもプロペシアの服用を続けざる負えないといえます。

しかし抜け毛が止まり育毛がほぼ完了した状態の場合、
なかなか服用を続けるのは金銭的にも負担が大きいです。

なにより服用が面倒だと感じてしまうのではないでしょうか。

そう感じた場合には、頭に直接塗布するタイプの育毛剤を使用すれば良いでしょう。
頭に塗布するタイプの育毛剤はプロペシアに比べると安価ですし、
気になる場所に気になった時に使用することができます。

ですからある程度育毛が進んできた場合には、
塗布するタイプの育毛剤に切り替えても大丈夫だと言えるでしょう。

これならお風呂上りなどに塗布すればいいわけですから
とても簡単に育毛を続けられるのではないでしょうか。

管理人一押しの育毛ローション
> 薬用プランテルの写真付きレビュー



一押し記事一覧