プロペシアが効くのは前頭部や頭頂部だけか?体毛にも影響は


usuge01

プロペシアは男性型脱毛症のAGAに効果が高いと言われている飲み薬ですが、
使用したことが無い人にとって気になるのが、プロペシアの効果は髪の毛だけなのか?

それとも全身の体毛にも影響が出るのか?ということでは無いでしょうか。

単純に考えた場合、全ての毛に何かしらの影響が出る感じがしてしまいがちですが、
実はプロペシアの影響が有るのは頭頂部の髪の毛だけだと言われています。

全体の体毛に影響が出るのは、プロペシア薬品と同じくAGA定番商品として人気
を集めているミノキシジル錠剤のことです。

AGAの原因は5αリダクターゼと呼ばれる酵素と男性ホルモンのテストステロンが結びつき、
ジヒドロテストステロン(DHT)に変化してしまい、
毛母細胞の働きを抑制してしまうことで起きると言われています。

そのテストステロンと結びつく5αリダクターゼは、体のごく一部だけにしか存在していないと言われています。

その存在場所が主に頭頂部のため、AGAが発症した場合に頭頂部の毛が薄くなる症状が出てくるわけです。
人によって頭頂部だったり前頭部だったりとAGAの発症する場所は頭部周辺が傾向になっています。

実際にAGAが発症した人を見てみると、
頭頂部の毛が薄くなっていても体毛も抜け落ちていると言うことがありませんから、
AGAの影響が出るのは頭頂部のみということになります。

プロペシアに含まれているフィナステリドはあくまでも5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンの結びつきを阻害する役割だけなので、脱毛を食い止める効果はありますが、育毛促進効果はありません。

ですからプロペシアを服用したからと言って
頭頂部以外の体毛が濃くなると言うことは無い
と言えます。

逆に体毛が薄くなることがあるのかといえば、
これはありえない話ではないと言えます。

何故なら毛の成長には男性ホルモンが大きな影響を与えているため、
プロペシアを服用することにより少なからず男性ホルモンを抑制する働きがあるため、
体毛が薄くなる可能性があるわけです。

実際にプロペシアを服用してから
体毛が薄くなったという人もいると言われています。

ほとんどのケースでは濃くはならないといわれていますが、
薄くはなる可能性は否定できません。

しかし全ての人の体毛への脱毛や発毛の影響が有るかといえば個人差がありますし、
プロペシアの効果が出にくい人の場合は
AGAを食い止める効果もそれほど顕著にでないと言われています。

もともと体毛が薄い人、5αリダクターゼ自体が生まれつき少ない人等は
プロペシアを飲んでもそれほど何かが変わると言うことは無いようです。

逆に体毛が濃く生まれつき5αリダクターゼが多い人はAGAの進行も早いため、
治療薬プロペシアを服用することで頭頂部や前頭部には顕著に効果が出ます。

しかしプロペシアの効果によって
体毛が薄くなってしまうということもあり得るのではないでしょうか。

もし体毛に変化を起こしたくないのであれば、
プロペシアを服用するよりも頭頂部のみに効果が現れる塗布するタイプの育毛剤を使用したほうが
安心だと言えるかもしれません。

塗布するタイプの育毛剤の場合、塗った場所にしか効果が出ませんから、
ピンポイントで育毛が出来るため非常に便利な育毛剤だと言えるのではないでしょうか。

管理人一押しの育毛ローション
> 薬用プランテルの写真付きレビュー



一押し記事一覧