プロペシアは病院処方してもらえるけど何科にいけばいいの


usuge02

年齢を重ねるたびに気になるのが薄毛です。
日頃のシャンプーの仕方やヘアケア商品などに気を使っている方も多いと思います。

例えばリアップやスカルプD(育毛シャンプー)といった商品が有名ですよね。

しかし、原因や対策をしてもハゲの進行が止まらず、
思ったように効果を実感できないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、最近は頭皮に直接塗布するタイプの育毛剤が各種販売されています。

さらに”飲む育毛剤”として注目されているのが
プロペシアで医薬品類に分類されています。

男性の薄毛の悩みであるAGA(男性型脱毛症)は以前でしたら、
遺伝的な要因とされていたため、改善が難しいものとされてきました。

一般的にイメージされている皮脂量やストレスといった要素が原因ではないのです。
もともと体内に存在するホルモンが原因なのです。

しかし、このプロペシアはAGA(男性型脱毛症)に対しても
高い効果が期待できる
とされています。

飲み薬で薄毛対策出来るならば、手っ取り早いと感じると思います。

では、このプロペシアは一体どこで入手可能なのか?と言うお話になりますが、
原則医療機関でのみ購入する事ができます。

頭髪専門外来のある専門病院やクリニック、もしくは内科や皮膚科がそれにあてはまります。

もちろん専門医による診察後処方してもらう事になります。

薄毛治療専門医による医療機関での処方が安心です。
医師による処方となっているので、都度必要量を入手して服用し治療をしていきます。

継続的に服用する場合には通院が必要となります。
薬代と通院費用などを考慮して服用を決められた方が良いです。

そして、プロペシアを処方してもらうときの診察については
自由診療となります。

そのため、健康保険が適用されないため全額負担となります。

そして、このプロペシアの薬代は医院によって幅広く異なります。
一般的には1万~1万3千円程度となっています。

また、診察料、薬代などは通常の皮膚科よりも
AGA専門治療院の方が高額になる場合もあります。

もちろん、専門病院における専門的な知識のもと専門の機器を使用したり、
頭皮に対しての施術、育毛プログラムなど充実していて、
月額費用でみても10万円~となっています。

かなり高コストです。

毎月高額な費用を捻出できる方は限られているため、
医療機関で購入しないという方も実際に増えてきているのです。

プロペシアは医師による処方が原則となっていますが、
個人でも入手する方法はあります。

医薬品の場合インターネットで、自己判断による個人輸入する方法があります。

これなら医師に処方箋発行をしてもらわなくても
自分の好きな量を手に入れることができます。

個人輸入を代行する業者などもあり、
為替の変動によりお得に入手出来る場合もあります。

ただし、プロペシアの服用には大きなリスクが伴います。

医療機関で処方されているものでも、
副作用については完全に解明されているわけではありません。

プロペシアの副作用としては、
性欲減退や男性機能に一部障害が出るといった症状が起きる可能性があるからです。

そのため、医療機関で服用してもらい飲み続けるとしても、
ネットなどで個人輸入する場合でもリスクを覚悟しなければなりません。

特に個人輸入で入手した場合には、自己責任です。
これらの入手方法からプロペシアを購入する事になります。

安全面、信頼できるかなどを考えると医療機関で診察、
診断を受けた後に処方してもらう事が最も理想的ですが、

2回目、3回目の購入であったり、リスク等を十分理解している場合、
やむを得ない場合には個人輸入での購入という選択肢もある、と言う事です。

購入を検討している場合には、
様々な意見などを参考にして、十分な検討をおすすめします。

管理人一押しの育毛ローション
> 薬用プランテルの写真付きレビュー



一押し記事一覧