プロペシア錠、0.2mgと1mgの服用量による違いはあるのか?そしてその価格は?


usuge05

プロペシアとは、男性型脱毛症(AGA)の進行を抑制するための経口薬です。AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンというホルモンに変わり、このジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを抑えるたんぱく質を作ることによって起こります。

プロペシアは、2005年に日本でAGAの治療薬として認可された経口薬です。

元々、AGAの治療や対策のために作られた薬ではなく、前立腺肥大や前立腺ガンの治療を目的として開発された薬です。プロペシアの主成分であるフィナステリドに、毛が濃くなるという副作用があったことからAGA治療薬として利用されることになりました。

アメリカのメルク社によって開発され、現在、世界60以上の国々で認可されています。日本では、2001年MSD社で臨床試験が行われ、最近ではプロペシアのジェネリックもファイザーから新登場しています。
 

プロペシアノ薬用成分であるフィナステリドとは?

プロペシアの薬用成分であるフィナステリドは、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを抑制することによって脱毛を防ぐ働きがあります。

しかし、プロペシアには、性欲減退、抑鬱、発疹、肝機能障害、倦怠感などの副作用が少なからずありますし、即効性が低い薬なので最低でも6か月は休止せず継続して服用しなければ効果を得ることができません

副作用に関しては、薬に慣れるまでに時間がかかるだけで、慣れてしまえば副作用に悩まされることがないとも言われていますが、肝臓などに持病のある人は注意が必要です。

因みに、円形脱毛症の人がプロペシアを使っても効果はありません。

ハゲや薄毛といっても様々な原因があるからです。AGAは男性ホルモンが原因であり、円形脱毛症は自己免疫の異常が原因であるからです。

それとプロペシアで気になるのは、頭髪以外の産毛や眉毛といった体毛にも影響はあるのかとうことについてですが、あくまでAGAの原因となる還元酵素の阻害にのみ作用する為、体毛への影響はあまりないといってもいいでしょう。

また、プロペシアには、0.2mmg錠と1mmg錠があり必要に応じて適宜増量できますが、1日1mmgが上限となっています。
 

プロペシアの量の違いはあまりない?

個人差もありますが、一般的には0.2mmgも1mmgも改善面で有意差がありません。プロペシア錠剤を多くしたからといって効果がはやまるわけではないのです。

そこで、副作用の面などを考慮して0.2mmgで治療を始めて、半年後に効果が見られなかった場合、1mmgに容量をアップして試すことが考えられますが、再度半年の期間を要さなければ効き目はでてきません。

早く効果を得たいということを最優先とするか、副作用のリスクを少しでも抑えたいといったことを優先するかをしっかりと考慮した上でプロペシアを服用することをお勧めします。
 

プロペシアではなく育毛剤での薄毛改善は?

薄毛は、早期治療が大切ですが、副作用が気になるといった方や、まだ髪の量が多いので経口薬に頼るほどの症状ではないといった方などは、市販の頭皮に塗布する育毛剤で毎日育毛ケアしてあげるのが良い方法だと思います。

日本製の育毛剤であれば、副作用の心配は殆どありませんので安心して使用することができますのでお勧めです。

シャンプー後に、毎日育毛剤で、しっかりと頭皮を指の腹を使ってゆっくりマッサージしてあげることで、頭皮が柔らかくなり血行も促進されて、健康な頭皮に改善することができます。それ以外にも、髪や頭皮によりよい食品を意識して食べるようにしたりするものいいでしょう。

AGAの原因となるジヒドロエステステロンを抑える働きのある成分は亜鉛です。亜鉛は牡蠣や牛肉類やごまなどに多く含まれているので、これら食品のいずれかを毎日とるように心がけてみるといいでしょう。

また血行が良くなるように適度な運動を行い、ストレスや疲れを溜めない生活をするといったことも育毛には大切なことです。

chap_up

> チャップアップ詳細はこちら <



一押し記事一覧