プロペシアはミノキシジルより効果あり?飲み続けることで効いた?


f_ph02

最近ははげるのが年配の方だけでなく
若はげになる人も増えてきています。

生え際の後退、前髪スカスカ・・・。

そんな悩みを解決する為に多くの人が
プロペシアを飲んでいます。

プロペシアとは、今AGAに効くと言わる薬のなかでも
最も有効な治療だと言われている飲む育毛の薬です。

プロペシアのジェネリックバージョンでは
エフペシアというものがあります。

プロペシアもエフペシアも育毛に有効なフィナステリドが入っている為、
違いはあまりありません。

他にもAGAに有効とされている育毛剤で有名なのは
ミノキシジルというものがあります。

ミノキシジルはもともと高血圧人向けに血圧を下げる為につくられた薬でしたが、
開発過程で発毛効果があることがわかり、発毛剤として使われるようになりました。

今ではリアップといった有名な育毛剤の材料としても使われています。

しかしミノキシジルは、AGAの進行の抑止効果はあるものの、
脱毛した部分の回復力に関しましてはこのプロペシアに及ばないとされています。

一番効果があるのはプロペシアであるということを
覚えておきましょう。

AGAは、もともと、DHT(ジヒドロテストステロン)という
テストステロン(男性ホルモン)が特殊な酵素(5αーリダクターゼ)が結合することによって、
生み出される結果に発せられる脱毛シグナルが原因だと言われています。

プロぺシアによって髪が生えるメカニズムですが
5αリダクターゼタイプ2の働きを抑制することによって、
テストステロンとの結合を未然に防ぎ、脱毛シグナルが発せらることを防ぐと言われています。

AGAによる薄毛ならプロペシアを使えば、
頭頂部や生え際などにも高い効果が期待できます。

また年齢が若いほど
プロペシアは効果があるともいわれています。

その理由は、歳をとるとAGA以外の原因で薄毛になるので
プロペシアが効かなくなるからです。

逆に若いうちに若はげになる人は、
AGAである可能性が高いため、プロペシアで対処できるからです。

もともとプロペシアは、前立腺肥大など
やはり男性ホルモンが原因となる病気に関する薬として注目されていたと言われていますが、
そこからこのAGAという特殊なホルモンによる脱毛症にも効くということが発見されました。

そのプロペシア(フィナステリドという成分名)は、
こうしたAGAの医療機関で診断されると処方される薬です。

こうした薄毛の問題に関しては、色々なものが乱立している世界ですが、
フィナステリドは国がAGAの抑止、もしくは回復に効果があると認めた薬なので
その信用性は高いと言われています。

しかし、デメリットはすぐにその効果が現れないことだとも言われています。

少なくとも3か月の間は服用する必要があります。
理想をいうならば、半年から8か月くらいがいいかもしれません。

風邪薬や胃薬と同じくように普通の飲み薬なので、毎日1錠づつ飲んでいってください。
飲むタイミングは食前でも食後でもどちらでもかまいません。

またはやく効果を出したいからといって薬の量を増量しないでください。
増量しても効果はすぐでません。

個人差はありますが服用してから3ヵ月目までの間、
まずは初期脱毛というものがおこります。

でもご安心を。初期脱毛による抜け毛が増えたとしてもその後徐々にその効果が現れてくるそうです。

プロペシアは長期的な服用が必要になってくるので、いくつか不安なこともあるでしょう。

一つ目は「他の薬との併用禁忌は起きないのか?」という疑問です。
現在のところ、プロペシアには併用禁忌はないとのことなので大丈夫とのことです。

ただし、服用薬が多かったり、肝臓への負担がかかる薬がある場合は、
一度クリニックの医師と相談をして万全を期しておいてください。

2つ目は、健康診断への影響です。

普通の健康診断の場合は特に影響はありません。

ただし、PSA(血清前立腺特異抗原)という前立腺癌を検査する場合は
影響が出る場合があるので、医師にプロペシアの服用を伝えた方がいいでしょう。

少し前へ話を戻しますが、塗布するタイプのミノキシジル、
ミノキシジルも国が認めている成分ですので、
ミノキシジルが配合されたロゲインという育毛剤とプロペシアを併用しているという人も多いそうです。

他には、ミノキシジルをタブレット状にした
ミノキシジルタブレットとの併用も多いみたいです。

処方されるまでは、皮膚科などAGA治療を取り扱っているクリニックで診断を受けて、
その症状が見られると認められるとフィナステリドが処方されるそうでそこまでの費用は、
ところによってばらつきはあるものの、約3万円(薬も含めて)くらいから可能です。

プロぺシアの錠剤サイズには
1mgと0.2mgの2種類がありますが価格はあまり変わりません。

それからは、毎月7000円くらいの金額が
この薬にかかるのが一般的です。

例えば東京都内の価格をみる
とだいたい安くても6800円くらい。

なかには個人輸入という形で海外からフィナステリドや
ミノキシジルを購入するという手段もあります。

輸入の場合、安く処方しなくても手にはいるというメリットがあります。
輸入代行で有名な業者としては、オオサカ堂やアイドラッグ等があげられます。

プロペシア自体は、日本製でもアメリカ製でも効果に対しては特に差はありません。
しかし、個人輸入ではどうしても安全や信用の面で問題があります。

なのでなるべく病院で手にいれることをお奨めします。
こうした問題の背景にはやはり自分が薄毛で悩んでいることを
わざわざ他人に知られたくないといったようなデリケートな問題が絡んできますので、
そうした医療機関に行くことなく薬を手にしたいという人も多いです。

海外の薬局では、普通に販売されているのかどうかは知りませんが、
おそらくネットで購入できることを考えるとそうなのでしょう。

しかし、こうした薬には、プロペシアだ
とガン、肝機能障害、精力の減退、胸が膨らむなどといった症状がみられたり、
ミノキシジルでも血管が拡張されることによって血圧の低下や動悸、吐き気、ヒゲなど
一部体毛が濃くなる症状が起きるということも聞かれます。

信憑性があるかどうかはわかりませんが、
これらの薬を体験した20代くらいの若い人たちが書いたブログや知恵袋では、
「便秘になった」「体がだるくなった」という書き込みもあります。

となれば、医療機関を利用して、
処方してもらうに越したことはないと思います。

内服薬は、なんとなく抵抗があると思われる方は、
ドラッグストアでも販売されているリアップ、これはミノキシジルが含まれています、

ちょっと副作用が心配だなぁっという方は・・・

他にも上記の成分とは全く異なる
M-034が配合された育毛ローション
発毛協会の会長が推奨しているのでおすすめです。

そうしたものから、
頭皮のケアをはじめてみてもいいですね。

管理人一押しの育毛ローション
> 薬用プランテルの写真付きレビュー



一押し記事一覧