育毛シャンプーおすすめは?スカルプシャンプーは本当に薄毛に良い?


『髪が生える育毛シャンプー』

世間的にはそう呼ばれますが、
けしてシャンプー自体に育毛効果があるわけではありません。

ただ頭皮環境が整っていないと、
髪が抜けやすく、抜け毛は増えます。

逆に抜け毛が少なくなれば、
自然と髪の毛は増えます

少なくとも現状をキープすることにつながりますので、シャンプー選びは非常に大事です。

propecia02

下ではおすすめ育毛シャンプの一覧を紹介しています。

◆おすすめ育毛シャンプー一覧

1位 プレミアムブラックシャンプー

プレミアムブラックシャンプー
楽天で一番売れたシャンプー

ノンシリコンでアミノ酸系の頭皮に凄く優しいのが特徴のシャンプー。
洗浄・栄養補給・保湿の違いは使えばすぐに分かります。

■洗浄成分:アミノ酸系 ■ノンシリコン:〇 ■内容量:400mL

■全成分表示
グリセリン、水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグリシンK、ラウリルグルコシド、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、メントール、ポリクオタニウム-7、BG、ポリクオタニウム-10、PEG60-水添ヒマシ油、オリーブ油、水添レシチン、オタネニンジン根エキス、加水分解ケラチン、ヘマチン、ポリ乳酸、褐藻エキス、炭、銀、センブリエキス、加水分解コメエキス、エタノール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、オレンジ油、ユズ油、ユーカリ油、グリチルリチン酸2K、ドクダミエキス、クララ根エキス、グレープフルーツ種子エキス

>詳しくはコチラ

2位 ニナゾルシャンプー


ケトコナゾールが抜け毛とフケを防止

主成分「ケトコナゾール」は男性型脱毛症の治療に有効と言われている成分が含まれているシャンプーで、知る人ぞ知るシャンプーです。

■ジェネリック ■内容量:100mLから ■主成分:ケトコナゾール

>詳しくはコチラ

3位 薬用レパオスカルプシャンプー

薬用レパオスカルプシャンプー B
ゲルマニウム配合の贅沢シャンプー

頭皮の酸素欠乏対策としてレパゲルマニウムを配合したシャンプー。高い保湿力と優しくも洗浄力があります。もちろんノンシリコンのアミノ酸系。

■洗浄成分:アミノ酸系 ■ノンシリコン:〇 ■内容量:400mL

■全成分表示
グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、1,3-ブチレングリコール、5’-イノシン酸二ナトリウム、5’-グアニル酸二ナトリウム、DL-アラニン、L-アスパラギン酸ナトリウム、L-アルギニン、L-イソロイシン、L-グルタミン酸、L-スレオニン、L-セリン、L-チロシン、L-バリン、L-ヒスチジン塩酸塩、L-フェニルアラニン、L-プロリン、L-ロイシン、アラントイン、グリシン、タウリン、塩酸リジン、レパゲルマニウム、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、l-メントール、アルキル(8~16)グルコシド、カキタンニン、チャエキス(1)、トウガラシチンキ、酢酸DL-α-トコフェロール、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、プロピレングリコール、ジステアリン酸エチレングリコール、ソルビット液、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]グァーガム、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、クロラミンT、塩化ナトリウム、ラウリン酸プロピレングリコール、クエン酸、エデト酸二ナトリウム、エタノール、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、安息香酸ナトリウム、フェノキシエタノール、香料

>詳しくはコチラ

最近注目を浴びている育毛シャンプーは、
文字通り育毛や発毛のことを考えて作られたシャンプーのことです。

一般的なシャンプーが泡立ちが良くや香りが良いこと、
また値段が安いのが特徴であるのに対して、
育毛シャンプーは洗髪と同時に頭皮の環境を整えることが特徴となっています。

通常のシャンプーは頭皮や髪に刺激の強い
アルコールを使用しているものが多く、
頭皮環境を悪化させる可能性があります。

が、育毛シャンプーは植物由来のアミノ酸系や
石鹸系のシャンプー洗髪と共に痛んだ頭皮や髪のダメージを
修復してくれるものです。

アミノ酸は髪や頭皮の原料となる成分で、
頭皮の皮脂を必要以上に落とすことなく
汚れをしっかり落としてくれるのです。

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いので、
育毛シャンプーの中にも洗浄成分の強いラウリル硫酸Naなどの
刺激の強い石油系の界面活性剤を使用しているものもあります。

このタイプは頭皮への刺激が強く
頭皮ケアには不向きな成分ですので避けた方が賢明です。

育毛シャンプーには殺菌効果のあるニンニクエキスや、
頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸などの天然成分
配合されていることが多いのも特徴の一つで、これらの成分は使っても大丈夫です。

ただ勘違いしてはいけないのは、
育毛シャンプーだけですぐに毛が生えてくるわけではないと言うことです。

薄毛の一つの要因となる頭皮を整えることが一番の目的で、
育毛剤などの成分が入りやすくするために使うものなのです。

育毛シャンプーには多くの種類があり、
どれを選べばいいのか迷うところです。

一番に基準にするべきことは、
天然成分が使用されているかどうかという事です。

お肌に優しいことがもっとも大切です。

頭皮の状態は人によって様々で、頭皮が脂っぽい人、
逆に乾燥している人などその状態に合わせた育毛シャンプーを使わなければいけません。

逆の効果のシャンプーを使うとかえって
頭皮環境を悪化させる結果となります。

判断が付きにくい場合には、
専門医に自分の頭皮がどのような状態なのか判断を仰ぐと良いでしょう。

一般的にお勧めの育毛シャンプーとしては、
アミノ酸系のシャンプーです。

成分表示としては、ココイルグルタミン酸、
ラウロイルメチルアラニンなどがあります。

ただアミノ酸系のシャンプーでも皮脂の除去が目的のものもあれば、
毛根への栄養補給を目的としたものなど様々なシャンプーがありますので、
成分の確認をして選びましょう。

今テレビや雑誌などでよく耳にするスカルプシャンプーは、
育毛にはどうなのかという疑問を持つ方も多いことでしょう。

スカルプシャンプーは頭皮環境を整え髪が成長しやすい環境を作る
という意味において、大変有効なシャンプーです。

もちろんスカルプシャンプーで髪が生えてくるわけではなく、
育毛成分が配合されているわけではありません。

髪が成長しやすい環境を作ることや、育毛効果で定評のある
プランテルという育毛剤との相性が
非常によく、とても浸透しやすくなるという効果が期待できるのです。

スカルプシャンプーで頭皮を保護し汚れをしっかり落とした後に
併用すると育毛や発毛に効果を発揮するのです。

> 薬用プランテルの写真付きレビュー