プロペシアのジェネリックを通販で安い価格で手にいれる方法


ikumou10

AGAタイプの薄毛治療に効果的とされているプロペシアですが・・・

大きな問題点を少なくとも
二つ抱えている点が問題となっていました

1つ目は、医薬品であるという点です。

プロペシアは、日本国内では医薬品に分類される為に、
原則として医師の処方箋が無ければ手に入れる事ができない薬です。

その為、入手する為には恥を忍んで医師から
AGAであると宣告される必要があり、
大きな精神的負担となっています。

2つ目は、価格が高いという点です

プロペシアはそもそもの価格が高額で、
尚且つ保険も適用されない薬である為、かなりの出費を強いられてしまうのです。

また、前述の通り医師の診断を受ける必要がある為、
病院によっては診察料や検査費用も
プロペシア入手の為の副次的な費用となって上乗せされてしまいます。

プロペシアは確かな育毛効果を発揮する数少ない治療薬ですが、
効果を体感するまでに比較的長期間の治療が必要としますから、
これらのデメリットはとても悩ましいところです。

ですが、これらの問題をまとめて解決する方法が存在する事は、
思いの他知られていません。

その方法とは、個人輸入と呼ばれる方法です

個人輸入とは、海外の様々な医薬品を輸入代行業者に依頼して購入する方法で、
以前はとてもマニアックな手段でした。

ですが、ネットの発達と共に普通の通販サイトと同じように
利用する事ができるようになりましたし、
今や多くの人が利用している入手ルートとなっています。

これら個人輸入サイトの多くはプロペシアを取り扱っていますから、
単に個人輸入サイトでプロペシアを注文するだけで、
簡単に医師の診察費や検査費をカットして手に入れる事が可能です。

生産国を途上国に設定すれば、
更に低い価格で手に入れる事が可能です

とはいえ、プロペシアはプロペシアですから、
これだけではまだ十分なコストカットとは言えません。

そこで提案したい方法が、
プロペシアのジェネリックを利用する手段となります。

プロペシアは多くの主要国ではまだ特許保護されている医薬品ですが、
インドにおいては既に後発医薬品の開発が認められている点がポイントです。

その為、原産国をインドに指定すると、フィンペシア、
フィナロ、エフペシアといったジェネリックを購入する事ができます。

これらの最大の特徴は驚くべき低価格さで、
プロペシアの数分の1以下
という驚くべき低価格で手に入れるのです。

プロペシアの主成分はフィナステリドですが、
後発医薬品ですからもちろん同じものが含まれています。

なお、以前は偽者などの問題が散見されましたが、
現在では鑑定書を公開する代行業者も増えてきており、
より安心して入手する事が可能となっています。

なお、個人輸入の隠れたメリットとして・・・

国内では決して手に入れる事ができない
フィナステリドの塗り薬を入手できるというポイントも見逃せません。

プロペシアをはじめとする国内のフィナステリドは
ほぼ全てが錠剤タイプの飲む薬なのですが、
海外においては塗り薬も販売されています。

もちろん、原産国を調節する事で価格を抑える事も十分可能です。

錠剤タイプよりも塗るタイプの医薬品の方が
作用も副作用も穏やかなものですからプロペシアの副作用が気になる方にも、
個人輸入は強くお勧めできる方法です。

どうしても原産国が気になる、副作用が怖い!安心して使えるもの良い!
という場合は、絶対に無理はしないでください。

国内で買える育毛ローションでも十分に薄毛対策ができます。

管理人一押しの育毛ローション
> 薬用プランテルの写真付きレビュー



一押し記事一覧